サイトロゴ.jpg
2018-06-30
月報




IMG_9001.jpg
■神谷バー
金曜夜を直帰せず有意義に過ごそう施策というこで神谷バー。
やっぱり神谷バーってめっちゃ安いな……!!って他の居酒屋に行くたびに思う。


IMG_9001d.jpg
■朝まで新橋
終電を逃すというクソムーブの付き合いをさせられ、朝まで新橋で飲んだ。京風おでん。
ひろうすって何と聞かれて、それで知ったのだけれどこれ京都の言葉なんですね……がんもどきです。
ちくわぶのないおでんやさんのメニューをみてノスタルジックな気持ちになった。
新橋はどこの飲み屋も朝5時まで営業していて凄い。
そして朝5時でも驚くほど人がいっぱいいる。同じくらいカラスもいる。新橋は人がいない時間帯がない。新橋凄い。眠らない街。つまり新橋はザナルカンド。シンのコケラも沢山落ちてた。


IMG_9001sd.jpg
■銀座ライオン@銀座店
ライオン要素はなかった。
現存する日本最古のビアホールらしい。開放的な場所でお酒も進む。
天井が真っ黒だけど、これはたばこの煙で黒くなったのだとか。ほんとかい。
何処かの軍隊でブーツにビール注いで祝杯をした文化があったらしく、それに由来してブーツグラスでビールの注文ができた。
また穂乃香ちゃん飲まなきゃ。


IMG_9001sad.jpg
■初めての肉寿司
肉寿司の実績解除。
知り合いのおすすめのお店ということだったのだけれど美味しすぎた…………。
3貫でお腹いっぱいになってしまった。脂のせいだろうか。
お腹いっぱいというよりは胸いっぱいという感じで、多幸感で満たされていた。
あと思ったのが、ちゃんと酢飯なんですね。


IMG_9001hsd.jpg
■ドライブ
クラシックカー(?)の助手席に乗せてもらってドライブした。
ドライブ最高です……楽しい……。
なんというか、ドライブが目的というのが自分の中で凄く新鮮かつ衝撃で、移動以外の目的で車に乗ったのは初めてだった。
車は憧れの存在。しかし憧れであってそれは目標にはならない。憧れのままだからこそ良い。


IMG_9001dfhsd.jpg
■メディア芸術祭
作品募集にエントリーをしていたせいか「是非周りのご友人などお誘いのうえお越しください(意訳)」みたいな案内の郵便が送られてきて、選考落ちた相手にこの仕打ちは高度な嫌がらせですかと思ってしまった。
でもホイホイ行ってしまった。そうでなくても毎年行っているのだけれど。
トリコのブース凄いよかった。


IMG_9001dfhsxd.jpg
■熊だ
ツイッターでバズっていた店にホイホイ行ってしまった。
原宿で海鮮丼を食べているのが不思議。
お茶漬け付いてくるのめっちゃ嬉しいですね……色を付けてくれる感じ。
こういう+αなサービスは塚田農場を感じる。塚田イズム。


IMG_9001sdsa.jpg
■さやの湯
久々に好きな銭湯へ。
サ道における「ととのった」というサウナトランスなる概念を知り、それを求めてサウナへ。
しかしトランスできなかった。


IMG_9001sda.jpg
■また別の銭湯
金曜夜は直帰せずにどこかへということでサウナリベンジ。
サウナトランスヤバいヤバいヤバいヤバい。死にかけた。凄いことなの!


IMG_9001ssssdsaz.jpg
■印刷博物館
ずっと行きたかった印刷博物館の実績解除。
特別展が凄く良くて、印刷に興味はなかったけれど凄く凄く惹かれた。製本とかしたくなった。
でも時間が全然なくて常設展示は観るの早足になってしまった。
なのでワークショップも含めてリベンジしたい。


IMG_9001sdsazs.jpg
■神谷バー
今月2度目。また来てしまった。
多分この日以上に楽しい飲み会はもう今年はこないかもしれない、と思えるくらいに楽しい時間だった。
それは多分誇張なのだけれど誇張したくなるくらい楽しかったのだ、というのが行間。


IMG_9001sdsazsa.jpg
■佐渡系居酒屋
佐渡準市民達に連れられて。
佐渡準市民ってなんだよって思ったら本当にそういう制度(?)があるようである。佐渡の博物館が入場無料になったりお店で割引サービスを受けれたりするようで、年会費無料で誰でもなれるらしい。年会費っておま。
お店は佐渡のお酒やおつまみばかりで、未知の名前の食べ物が多すぎたけどどれも美味しかった。
場が終始佐渡トークだったせいか、お店の人に「まだ若いのに佐渡好きすぎて心配になるわーーwww」って言われていたのが面白すぎた。お店の人もちゃんと佐渡の人なんですね。
佐渡トークには頷くだけマンになってたけどめちゃくちゃ楽しかった……。
佐渡行きたいと思った。冬に。


IMG_9001sdsazsaz.jpg
■黒い砂漠
今月はなんといっても砂漠。砂漠漬けの一か月だった。
平日虚無打開のために復帰した砂漠だったけれど、もはや砂漠の為に土日すらも予定を入れたくなくなっている自分に気づく。
「今日は何もせず無為な一日を過ごしてしまった……」みたいな日が砂漠のおかげで皆無になり、QOLが爆上がりしている。そのせいかS0もあまり飲まなくなり、良い傾向へ向かっている。
砂漠に人生をめっちゃ助けられている。

砂漠依存しすぎてついにスマホからのPCリモート操作にまで手を出してしまったけれど、これが砂漠を抜きにしてもいい感じ。
ドロップボックスに入れ忘れたファイルとかを出先でもリモートで確認したり転送ができ、結構助かっている。

□所感
砂漠しかしてないと思っていたけれど案外出かけていたしちゃんと絵も普段どおりに描けている。
そう、砂漠依存しながらにしてそういったものにもちゃんと時間が割けるのは砂漠が放置要素強いゲームだからこそ。つまり砂漠はどんなライフスタイルの人にもそれを乱さずに砂のように形を変えて順応でき、現代社会の多様性に満ちた生活に非常にマッチングしていて隙がなく最強なのである。隙あらば砂漠を褒めていくぞ。隙はないけどな。

□改善点
改善の余地ないのでは……?と思えるくらいにバランスの取れた1か月だった。
ただ勿論全部が楽しかったわけではなく省いたけれど夏目対応飲み会もあったので、そういうのは危険を察して波風立てずに断ることもできるようになりたい。

□今後
改善が必要な点がさほど浮かばない。3か月で月報の役目を完遂してしまった。圧倒的成長。月報を通じて生きるのが大分上達できた気がする。
なので完。QOL下がってきたら再開する。

月報 コメント [0]   

タイトルなしHOMEタイトルなし

MESSAGE

MESSAGE POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

TOP

Copyright © 2018 サイバネ隧道, All rights reserved.