サイトロゴ.jpg
2017-09-09
RCH56-1.jpg
モブ施策。


モブを、まずは少人数だけど置いてみる。
やはり違和感を持つ。妙な感じだ。
しかし恐らくこの違和感は、モブの存在への違和感ではなく
絵の中でのモブと秘封の関わり方に対しての違和感であるようにおもった。
つまり、秘封とモブとの関わりが無さすぎて舞台装置としての役割を果たせていないように感じる。

この絵の舞台の要点を2つ上げると
「一足早く一本だけ色づき始めたモミジ」と「その紅葉に向けてスマホを掲げて写真を撮る人」である。もう秋だし秋っぽい絵を描きたかった。
しかし見返してみればその二つの秋の要点に秘封は一切関わっていない。秋だし秋服なぐらいである。
秘封の二人は紅葉に目もくれず、背景(現実)の紅葉とは距離をおいて暗い場所で二人だけの世界に籠り、
そこで二人だけで完結するストーリーを作っている。
あかーーん。なんだこの日向と日陰を使ったアニメ演出の定番みたいな手法。違う違う。いかんよ。
秘封だけの世界に自分が慣れ過ぎてしまっている。秘封だけの世界を描き慣れ過ぎてしまっている。完全に無意識だった。びっくりしたー。
前エントリで背景のようにモブを描けばいいのではということを書いたが、そこに気を取られすぎてしまっていたのもあるかもしれない。
モブのリアリティコントロールばかりを気にし、一番大事なはずの主役(秘封)との関係性を失念してしまっていた。
まぁこれはこれで「世間の興味はうちらの興味の外よ」ってな具合に
世俗とは一線を置いた感じが秘封っぽいともとれなくはないような気もするけれど、しかし非現実の拡張には反する方向性のように思う。
それにどちらかというとそういう表現は会長っぽい。会長でやるべきだ。楽しそう。会長描きたくなってきた……。
今は会長はいいとして、ともかくこれじゃ背景があってもなくても同じ。別の背景にすり替えても成り立ってしまうような背景では、背景がある意味がない。
もっと秘封を現実(背景)に結び付けなければいけない。秘封の為のモブであり、背景にしなければ。



今回は「秋っぽい絵描きたい」ということがあり、背景を先に決め、そこに秘封を迎合させることにしていた。
つまり「一足早く一本だけ色づき始めたモミジ」と「その紅葉に向けてスマホを掲げて写真を撮る人」は決定事項である。

そこに秘封を迎合させるとなると、秘封も倣って写真撮ってればいいなという感じなのだが、絵的に微妙だった。

RCH56ー2

なので結局今回はモブを消して秘封だけにした。実際ここは人気のない場所である。絵的にも人はいないほうが良かった。
こうなってくると紅葉も無意味になってしまうので、緑に。決定事項とはなんだったのか。

0 (1675)

でもこれがこのロケーションでの一番の落とし所な気がしていた。
モブを置く方向性は悪くない気がしてるけど、もっとロケーショニングに時間を割いて丁寧にやらないとアカン……
汲まないといけない要素が多くて、「秋っぽいの描きたい~~」みたいな気軽さでこれまでのように毎日ポンポン脳筋で描くのは難しそうである。カロリー高い。
実際いろいろ考えすぎて1週間以上かかってるし、目的も見失いかけてる。
こういう凝ったのは、たまに混ぜ込む感じでいこう。
たまにぐらいがちょうどいい気もする。


最後にモブと東方キャラが見事にマッチしている絵描きさんの絵を貼って終わりにします。































──────────────────────────────────────
■リアルクローズ施策

背景施策その1 http://saivane.blog.fc2.com/blog-entry-1143.html ベタ塗りキャラに合う画風の模索
背景施策その2 http://saivane.blog.fc2.com/blog-entry-1146.html キャラの邪魔をしない適切な情報量の模索
背景施策その3 http://saivane.blog.fc2.com/blog-entry-1147.html 色味の模索

線画施策その1 http://saivane.blog.fc2.com/blog-entry-1151.html ラフ画を描こうキャンペーン
線画施策その2 http://saivane.blog.fc2.com/blog-entry-1156.html 線画着色の模索 背景にも線画をプラス

塗り施策その1 http://saivane.blog.fc2.com/blog-entry-1142.html 厚塗り
塗り施策その2 http://saivane.blog.fc2.com/blog-entry-1220.html 撮影なし

コンセプト施策その1 http://saivane.blog.fc2.com/blog-entry-1211.html 実存性と拡張非現実
コンセプト施策その2 http://saivane.blog.fc2.com/blog-entry-1215.html 中景
コンセプト施策その3 イマココ

──────────────────────────────────────

チラ裏 コメント(-)  

TOP

Copyright © 2017 サイバネ隧道, All rights reserved.